ヒロイン動画はzenピクチャーズにお任せください

logo

全作品一覧  現場スチール  女優一覧  監督一覧  キャラクター/ジャンル一覧  作品ランキング  BBS  ブログ

  • 購入する
    通常価格: 1620円 / 1620PT
    容量:2050MB

  • 購入する
    通常価格: 640円 / 640PT
    視聴期限/7日間
    容量:2050MB
    ※7日間商品はPCのみの取り扱いとなります。
  • この商品は、SPプレーヤー以外のプレーヤーではご視聴できません。 下記の「SPプレーヤーをインストールする」を開き、事前にSPプレーヤーをインストールし、必ずテスト動画を再生確認してください。
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン001
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン002
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン003
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン004
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン005
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン006
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン007
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン008
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン009
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン010
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン011
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン012
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン013
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン014
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン015
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン016
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン017
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン018
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン019
  • ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン020
閉じる
  • 雑誌記者の羽村優は妹の舞と街を歩いているときに怪人に襲われるが、女戦士ジャスティーエンジェルに救われる。そしてジャスティーエンジェルは優が記事にしたことによってスーパーヒロインとして民衆の支持を得ていく。だが優は、あるきっかけでジャスティーエンジェルが怪人を作っているのではないかと考えるようになり取材を始める。そのことに気づいた麗子は、悪の本性を現して優を捕らえて拷問にかけ、さらに怪人ピンクパピヨンに改造してしまう。麗子の命令で妹の舞を殺そうとしたピンクパピヨンだったが、舞の優に助けを呼ぶ声で記憶が蘇りかかり、混乱して舞を殺さずに姿を消す。記憶を取り戻した優が自分の驚異になるかもしれないと考えたジャスティーエンジェルは、優が記憶を取り戻して舞を見守っていると確信し、新たな怪人を作り出し舞を襲わせる。舞の窮地に現れたピンクパピヨン、しかし舞はピンクパピヨンを見て化け物と叫んで逃げていく。その言葉に戦意をなくして怪人に殺されかけるピンクパピヨンだったが、何かを感じて戻ってきた舞に助けられ怪人を倒す。ジャスティーエンジェルは、ピンクパピヨン抹殺のために舞を捕らえて人質にする。優は舞を助けるために麗子のところに向かうのだった。
閉じる
  • アクションは初めてという阪本麻美さんですが、ふだんからフットサルをされていることもあって、稽古でメキメキと腕をあげて、かっこよいアクションを見せてくれました。あと、本人も言われてましたが、すごく負けず嫌いなんです。負けず嫌いの人は、アクションがとても上達しますね。そして悪役の正義の味方を演じてくれた宮崎由麻さん。登場シーンは凛々しく格好良く、主人公を捕らえて拷問にかけるときは妖艶に、ラストバトルのほうでは狂気をむき出しにして、という麗子をばっちり演じてくれました。このキャラクターを考えたときから、キャスティングに宮崎さんが浮かんでいました。そして妹役の馬渕有咲さん。前はジャスティーのホワイトを演じてくれましたが、その時から妹っぽいなと思ってまして、今回、妹を出すと決めたときからオファーすることを考えてました。こちらも感情の起伏が激しい役でしたが、文句なしにイメージしていた妹・舞を演じてくれました。
ユーザーレビュー:ダークヒロイン 女蝶人ピンクパピヨン
平均評価: (5点満点中 1.00 / レビュー数:1件)

並び替え:

  ZENユーザーはこういった作品を望んでいるのか?

mocchan さんのレビュー  2013-06-18 15:06:35
 最新作ですがかなり厳しいことを言わざるを得ません。
 まず、ヒロインの衣装に露出が全くありません。セクシーさゼロといえるものです。
それだけでもがっかりなのですが、ピンチシーンも物足りません。スーツの破壊もなく、競泳水着のようなインナー姿になる程度ですし、ピンチと言ってもヒロインが気絶することもありません。そのくせ、マスクだけは簡単に消失します。
 ZENが求められていることは何でしょうか。単なる特撮アクションを作ってどうする、と言いたくなりました。ある程度のお色気やピンチはしっかりやるべきです。テレビではできないことをZENでやって欲しいと切に願います。


0人中、0人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。
レビューを書く
レビューを書くには、ログインをして、事前にマイページにて
ニックネームを登録する必要がございます。 

はじめての方へ

新着作品レビュー
■バーニングアクション スー…
次々に
よくこんな次々に超絶美しいアクション美少女を見つけ…
■ヒロインピンチオムニバス0…
何度見ても素晴らしい。
生足、多彩な蹴りなどすばらしすぎます。 しかも蹴…
■ヒロインピンチオムニバス1…
美しき必殺拳
松田美衣也と奥原さやかと二人の美しき必殺拳。 紺…
■セクシャルダイナマイトヒロ…
残念
これだけの逸材集めながらミニスカアクションがないと…
■セクシャルダイナマイトヒロ…
女子高生の股間蹴り
綺麗に決まっています。 主演女優のコス残念で…

レビュー一覧へ