ヒロイン動画はzenピクチャーズにお任せください

logo

全作品一覧  現場スチール  女優一覧  監督一覧  キャラクター/ジャンル一覧  作品ランキング  BBS  ブログ
  • 月額料金
    3240円/3240PT
    購入する
  • ※IE9以前のブラウザではご視聴できません。最新のIEまたは他のブラウザをご利用ください。
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン001
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン002
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン003
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン004
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン005
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン006
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン007
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン008
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン009
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン010
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン011
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン012
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン013
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン014
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン015
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン016
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン017
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン018
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン019
  • ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン020
閉じる
  • オリンピックの強化選手だった中学生の舞と歩は、ボーグに両親を殺され拉致され、強制的に動物の遺伝子を注入され超人にされてしまった。舞は白鳥の遺伝子を歩は山猫の遺伝子をそれぞれ注入され肉体改造をされていた。先に捕らえられていた舞は、洗脳されたふりをして情報を集め、捜査官である叔母の麗子と密に連絡を取り合い脱出のチャンスを伺っていた。舞は、洗脳されかかっていた歩を助け、ボーグの施設から脱出することに成功する。同じ境遇の二人のヒロインは、アニマテクタースワンとアニマテクターリンクスを装着し、麗子とともにボーグと戦うことを決意する。舞と歩が留守のとき、麗子がボーグの女幹部スネークに襲われてしまう。叔母の危機を察知した舞たちがアニマテクターを装着し駆けつけるも、次々と現れる強敵たち。スワンとリンクスはなんとか敵を倒し、ついにスネークに捕らわれた麗子のもとに辿り着くのだが、スネークは麗子に毒針を刺し、叔母を助けたければボーグに戻れと二人に迫る。二人は、スネークの要求を呑まずにボーグと戦い麗子を助けることを選択すのだが・・・。果たしてスワンとリンクスは、ボーグを倒し無事に麗子を助けることができるのだろうか。二人の若いヒロインたちの死闘が今幕を開ける!!
閉じる
  • 今回の作品は、Jr.アイドルの二人のヒロインが活躍する作品です。ピンクのコスチュームのスワン役は中学1年生の白石 光さん、ブルーのコスチュームのリンクス役は中学2年生の花井 円香さんというフレッシュな女優さんたちを中心に物語が繰り広げられます。敵役には、日本を代表するアクション女優の亜紗美さん、スワンの叔母役は実力派女優のしじみさんが脇を固めます。敵の組織ボーグのボス、ライオン役も目黒 皓嗣くんという演技派中学生が演じています。見所は、なんといっても二人のフレッシュなヒロインのアクション&ピンチ場面です。この撮影のためにアクション稽古を重ねてきた二人の稽古の成果が発揮されて、エネルギッシュなパワー溢れる作品に仕上がっています。ハードな撮影スケジュールになりましたが、二人とも最期まで笑顔で乗り切ってくれました。久しぶりのJr.ヒロイン作品、二人のヒロインの若さ爆発する活躍を是非是非観て下さい!
閉じる
  • いま国民的アイドルとして一世を風靡している某グループですが、現在、中心メンバーとして活躍している初期メンが加入したのは十四歳でした。夢を高く掲げ、それを一途に追い求めてきた少女達の六年間の積み重ねが、いまようやく花開いているといっても過言ではありません。今作は、中学一年の白石光ちゃん&中学二年の花井円香ちゃんという少女達が、初めてのアクション、初めての戦隊ヒロインものに一生懸命取り組んだ作品です。正直、アクションもお芝居も、大人の女優さん達と比べれば、物足りない面はあると思います。しかし、それを補って余りある魅力──少女という限られた期間限定の、さらに貴重な初ヒロイン姿=ヒロインの原石の姿を観られる、という特典があるのです!ジュニア戦隊ヒロインという作品はもちろん、ある種の彼女達のドキュメンタリーを、ぜひぜひ目撃してくださいっ!NG集やメイキング映像でふんだんに収められている二人の無邪気な笑顔を観るだけで元気になりますよ!!
ユーザーレビュー:ジュニアアイドルヒロイン キューティーリベリオン
平均評価: (5点満点中 4.00 / レビュー数:1件)

並び替え:

  1日撮りでもここまでできる!

月の雫 さんのレビュー  2013-11-25 17:08:11
ZEN作品の元祖と言えるU-15ヒロイン作品としては5年ぶりとなる作品です。

U-15ヒロイン作品全盛期の2006・2007年当時は3・4日撮りでたっぷりと時間をかけて撮っていた時期ですし、
また、東村宗介脚本家が参入された直後の時期でもあり、意欲的な作品が多かったものです。
今作は当時の名作「プリティーリベリオン」前後編と設定が酷似していますが、
・悪の組織「ボーグ」が 暗殺組織 → 秘密結社
・訓練を受けた生身の人間がアニマテクターを装着 → 肉体改造後にアニマテクターを装着
・ヒロインの姉は戦士 → ヒロインの叔母は一般人(首領ライオンの母?)
等が相違点です。
今作は前作にはなかった、拉致シーン、首領を倒す結末まで、が描かれています。

感想としては1日撮りでよくぞここまで撮りきられたなあ!というのが第1声です。
前半のアクションシーンは竹芝埠頭ロケで綺麗!、アクションシーンも2人ともなかなか頑張っています。
何よりも敵キャラ、ハイエナ、ゴリラ、スネーク、そしてライオンのキャラが非常に立っていて、
攻撃が多彩でかつギミックも凝っている。
敵の段階的な強さが充分に描かれていて、ヒロインの成長を上手く演出してくれています。

5点満点をあげられなかったのは、首領のライオンも変身前を中学生の男の子が演じていて、
スワンの叔母との関連性がありそうだったのにそのままとなってしまったことです。
この様なto be continued的は終わり方は単品作品にはままあることなのですが、
続編が作られることはほとんどなく、アイデアがそのままとなってしまい残念でなりません。

いずれにせよ、2005~2007年ごろのU-15ヒロイン作品が好きだった方にはおすすめの作品です。

0人中、0人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。
レビューを書く
レビューを書くには、ログインをして、事前にマイページにて
ニックネームを登録する必要がございます。 

はじめての方へ
月額見放題に入会

新着作品レビュー
■非変身ヒロイン 武捜戦隊サ…
最高
美人、ミニスカで戦闘し、控えめにパンチラ これで…
■セクシャルダイナマイトヒロ…
素晴らしい‼
こういう作品を見たかったんです(/o\) ただ強…
■非変身ヒロイン 武捜戦隊サ…
電気ショックやエネルギー吸…
どのシーンも比較的長く、本当にこういうの待ってまし…
■非変身ヒロイン 武捜戦隊サ…
非変身最高
やはり生身で戦うのはいいですね!パンスト美脚からの…
■非変身ヒロイン 武捜戦隊サ…
強化スーツ破壊や着用したま…
タイトルは「非変身ヒロイン」となっていますが、強化…

レビュー一覧へ