ヒロイン動画はzenピクチャーズにお任せください

logo

全作品一覧  現場スチール  女優一覧  監督一覧  キャラクター/ジャンル一覧  作品ランキング  BBS  ブログ
  • 月額料金
    3240円/3240PT
    購入する
  • ※IE9以前のブラウザではご視聴できません。最新のIEまたは他のブラウザをご利用ください。
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド001
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド002
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド003
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド004
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド005
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド006
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド007
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド008
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド009
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド010
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド011
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド012
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド013
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド014
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド015
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド016
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド017
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド018
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド019
  • 武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド020
閉じる
  • 武捜戦隊サイレンジャーは、サイレッド柴田陽奈を残して面子が一新し、新体制で活動を始めていた。だが新たなメンバーサイブルー澤村広海とサイホワイト岩城美雪は、我が強く新たなリーダーとなった陽奈の言うことを聞かずにチームワークはお世辞にもいいと言えないものだった。そんな中、かつての体制のサイレンジャーに息子たちを逮捕され死刑にされた魔獣三兄弟の父グランデルGが、宇宙武器商人シェブラスを連れて地球にやってくる。その目的はサイレンジャーへの復讐。グランデルGはシェブラスの対サイレンジャー用の武器を使って、サイホワイトとサイブルーを捕まえるが、その顔を見てかつての子供たちを逮捕したサイレンジャーとは違うことを知る。その二人をシェブラスが引き取る。シェブラスの狙いは、宇宙中の犯罪者に憎まれているサイレンジャーの強化スーツをさらに分析し、完全な対サイレンジャーの兵器を生み出して宇宙中の犯罪者に売りさばくことだったのだ。そして広海と美雪を拷問のような人体実験にかける。一方、二人を探す陽奈は、魔人ナーガと戦うジャスティーウインドの三人、マイティーウインド夜城葉月、レッドウインド陽高美穂、ホワイトウインド雪森千恵に遭遇する。変身してジャスティーウインドを手助けするが、目の前でナーガを殺され、ジャスティーウインドを殺人で逮捕してしまう。ボスのターマ野崎の判断で釈放されたジャスティーウインドは、サイレンジャーと協力することを誓う。だが、功を焦った美穂が一度死んだと思われたナーガに捕まり、囮作戦も失敗し、陽奈と千恵も捕まってしまう。そして一人残った葉月の前には復讐に燃えるナーガが。絶体絶命の六人はこの危機を乗り越えられるのか。
閉じる
  • 華やかな現場でした。6人のヒロインというのは初めてでしょうか?6人の中であえてメインはと、問われましたらやはりサイレッド柴田陽奈でしょうか。ですが、6人全員にアクションとピンチの見せ場は作れたかなと思います。現役女子高生からお姉さんタイプまで、博多弁や土佐弁を話すヒロイン、いろいろなタイプのヒロインが様々な攻撃を受けて一人一人倒れて囚われて、拷問されていく。そして爽快な逆転劇へ!苦しみ戦う!6人の熱演をぜひご覧ください。
ユーザーレビュー:武捜戦隊サイレンジャーVS忍者特捜ジャスティーウィンド
平均評価: (5点満点中 3.00 / レビュー数:1件)

並び替え:

  スーツもいいし出演者も豪華ですが…

アンドリュー さんのレビュー  2013-06-20 00:34:56
ジャスティーウィンドとサイレンジャー、どちらも好きなデザインの定番キャラですね。出演者も綺麗な方を揃えられていると思います。ストーリーも無理のないものですし・・・
が、最近の作品の物足りなさを代表するようにも思えます。変身後のピンチシーンがメインなのはいいのですが、ピンチが緩いと思うのは、やはりスーツ破壊が皆無だからでしょうね。解除よりも破壊!です。
別の方も他で書かれていますが、ZENにはテレビ番組などで作れないピンチやお色気に特化していってほしいです。大勢のヒロインの活躍よりも、一人のヒロインでいいので徹底的なピンチや敗北を見せてほしいです。

0人中、0人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。
レビューを書く
レビューを書くには、ログインをして、事前にマイページにて
ニックネームを登録する必要がございます。 

はじめての方へ

新着作品レビュー
■ダメージングヒロイン12 …
水嶋アリスを起用したのに
演技派水嶋アリスを起用したのに、ゾラのバトルシーン…
■ダメージングヒロイン12 …
そこ差し替えちゃダメな気が…
ゾラ役の方はZENにとても貢献されてる方で悪く言う…
■セーラー忍者時空戦遊録【前…
ハイスピードアクションがた…
序盤の小野寺あゆみさんと戦闘員のアクションシーンの…
■ヒロインスーパーファイト!…
野間れいちゃん最高
野間れいちゃんに踏みつけられて絶命する戦闘員になり…
■退魔巫女戦騎トリプルランサ…
ビジュアルの高い3人娘。
これだけ可愛い3人が揃った作品も珍しい。 まして…

レビュー一覧へ