ヒロイン動画はzenピクチャーズにお任せください

logo

全作品一覧  現場スチール  女優一覧  監督一覧  キャラクター/ジャンル一覧  作品ランキング  BBS  ブログ
  • 月額料金
    3300円/3300PT
    購入する
  • ※IE9以前のブラウザではご視聴できません。最新のIEまたは他のブラウザをご利用ください。
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ001
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ002
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ003
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ004
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ005
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ006
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ007
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ008
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ009
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ010
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ011
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ012
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ013
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ014
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ015
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ016
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ017
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ018
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ019
  • まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ020
閉じる
  • ケン太たち生徒を連れてサマースクールにやってきたマチコ先生。だけどマチコ先生に恋する変態教師山形先生も参加してサマースクールは大騒ぎ!そんな中、テンコの提案で肝試しにいったケン太たちは、女幽霊に出会ってしまい、なんとヒロミが呪われてしまう。それを知ったマチコ先生は、女幽霊にヒロミではなく自分を呪うように直談判!そんなマチコ先生に心を開いた女幽霊は、自分を成仏させて欲しいと頼み込み、マチコ先生はもちろん快諾!生徒を巻き込み、成仏大作戦を展開するが、女幽霊は悪霊に変わってしまいマチコ先生に襲いかかる!果たしてマチコ先生たちの運命は!
閉じる
  • 「まいっちんぐマチコ先生」の作者であるえびはら武司先生の許可をいただき、マチコ先生の実写化をさせていただきました。これまでもマチコ先生の実写化はありましたが、マチコ先生がスーパーヒロインに変身して戦うのは本作品だけ。また、アクションだけでなく、コミカルなシーンもあり、ホラーテイストもありとハイテンションで物語は進んでいきます。!主役の内野未来さんをはじめとした役者さんたちの演技のぶつかりあいも見所の一つ。ぜひご覧ください。
ユーザーレビュー:まいっちんぐマチコ先生 肝試しでまいっちんぐ
平均評価: (5点満点中 4.00 / レビュー数:3件)

並び替え:

  何をメインにしたかったのか?

mocchan さんのレビュー  2013-11-26 01:28:36
前の二人の方が絶賛されているので書きにくいのですが…。
でもまずは良かった点を。
主演の内野さんがとてもチャーミングで、よく役に合っていたこと。
男子生徒役に女性をキャスティングしたこと。これはとても良かったと思います。通常のドラマならばイケメン俳優を充てるところですが、禅ですのでそんな需要はないですし。いつものおっさんたちを無理やり充てる荒業を使わなかったことも良かったです。
ここからは悪い点です。
ヒロインの出番が少ないと思います。肝であるはずの悪霊との戦いのシーンも殊のほか尺が短く、大したピンチもなく終わった感じがします。
こうなってしまった理由として中盤の生徒たちの寝床のシーンがやけに長かったことが挙げられます。確かに悪霊にとりつかれるという重要な意味はありますが、そうだとしても何かダラダラしていてつまらないシーンが続きました。
あと、登場人物がたくさんいましたが、はっきり言って必要のない人物も多数いました。
結局脚本の出来が悪いということだと思います。登場人物の整理ができていないし、何をメインに描きたかったのかが分からないのです。ヒロインよりも寝床のシーンの方が重要だったのかな、と思えてしまう程です。それは明らかにおかしいですね。

この原作はとても魅力的ですから、原作者の了解が得られれば同じキャストで続編も期待したいと思います。続編はもう少しヒロインのアクションを取り入れて欲しいですし、ピンチシーンもふんだんに入れて欲しいところです。
これまで禅作品はほとんどがパロディー作品だったわけですが、有名な作品を原作として取り上げた最初の作品だと思います(ただ以前雑誌とのメディアミックス的な作品があったような覚えがありますが…)。難しい面もあるかもしれませんが、原作ものにもどんどんチャレンジして下さい。

2人中、1人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。

  久しぶりの快作です!!

月の雫 さんのレビュー  2013-11-24 16:56:48
ここ2年ほど、納得できる作品がほとんどなかったのでここに投稿することは1度もなかったのですが、
疾走児ケンさんと全く同意見で、今作は本当に素晴らしかったと思います。

感想もほぼ同じで、男子高校生3人の演技は本当に良かった。
特に男子リーダー役の麻生かなさんの頑張りには目を見張るものがありました。
3年前のZEN作品「聖純可憐ミルフィーナ」ミルフィーハート役でも大変頑張っていて
好感が持てる女優さんでしたが、
今回はそれ以上の素晴らしい成長ぶりを感じさせてくれました。
主題歌も彼女が歌っていてなかなかいいですよ。

主役の内野未来さんは何と5年前の「巨大ヒロイン メロディア」以来の主演・出演ですが
アクションもとても頑張っていました。健気な感じがマチコ先生にピッタリはまっていました。

この作品の成功は総合プロデュース力だと感じました。
舞台との連動作品でもあり、好条件が揃っていたと感じます。
脚本自体がいつもの東村脚本とは一線を画すかなり斬新なものでした。
キャスティングも豪華かつ個性的な方ばかりで、出番の少ない男性キャストでさえプロの舞台俳優さんです!
ラストの元婚約者さんがいつものスタッフさんであるところだけがZENらしいですが(笑)・・・

あと、カメラマンの永井さんは以前のBABELレーベルホラー作品のほぼ全作品のカメラを担当されていましたし、
BABEL作品でのノウハウの蓄積が今回開花した感じがします。
ZEN作品をずっと応援してきて、とても喜ばしく嬉しい気持ちで一杯です。

本当に画期的な作品です。少しでも興味のある方は見て損はないと思います。

2人中、1人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。

  ストーリー、構成、演技申し分なし

疾走児ケン さんのレビュー  2013-11-13 02:03:26
今回、期待以上の作品だったので投稿させていただきます。

今回はコメディ、ホラー、変身ヒロインの要素を盛り込んであるとのことで、
最初は締まりのないダラダラした作品になっているんじゃないかと思いました。

でも、いい意味で裏切られました。
テンポよく、バランスよく、各要素が盛り込まれていました。
多分、前半がホラー、その後、わずかにコメディーを入れることで、
最後のシリアスなバトルに自然に転換していけたんじゃないでしょうか。

あと、禅作品では軽視されがちな演技力ですが、個人的には作品の良し悪しには
役者さんの演技力も重要な役割を担っていると思います。
やっぱりストーリーがよくても、役者がセリフ棒読みだと、つまんないですもんね。
今回は高校生役の6人、特に男子役の女優さんたちが絶妙な演技力で、作品をいいものにしているように思いました。
ホラー、コメディ、アクションという、それぞれ独立したジャンルを自然につないだのは、
橋元さんと、高校生6人の演技力がかなり貢献しているように思います。

たった一つ、注文をつけるとすれば、幽霊の橋元さんの顔色や肌の色。
実体化した時はあの血色でいいんですけど、ヒロインや女子高生を襲っているときは、
もうちょい青白くしたほうが雰囲気がでるかな。

2人中、1人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。
レビューを書く
レビューを書くには、ログインをして、事前にマイページにて
ニックネームを登録する必要がございます。 

はじめての方へ

新着作品レビュー
■女戦闘員(R)物語 【前編…
エンドレス拷問は秀逸
ヒロインが敵から拷問されるが、殺されてもすぐに蘇生…
■太陽の戦士レオーナ 運動会…
アイデアは悪くない
例によって主演の大川さんがピンチに陥るのだが、運動…
■蝶戦士ピンクフューリーS
衣装とカメラアングルがとて…
ぴったりフィットで体のラインがよく出ている白とピン…
■バーニングアクション スー…
辻さんありがとう
辻さんの引退作という事でキレッキレのアクションが見…
■太陽の戦士レオーナ 不死身…
素晴らしい
他の方も書かれてますが、ストーリー展開も面白く、間…

レビュー一覧へ