ヒロイン動画はzenピクチャーズにお任せください

logo

全作品一覧  現場スチール  女優一覧  監督一覧  キャラクター/ジャンル一覧  作品ランキング  BBS  ブログ
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ

  • 作品番号
    ZEOD-78
  • 定価
    4840円
  • ダウンロード-/ストリーミング
    2904円 / 2904PT (HD版)
    2420円 / 2420PT
  • DVDトースター
    3380円 / 3380PT
  • 出演女優
    嶋村瞳 藤田絢子 百瀬かおる
  • 監督
    東村宗介
  • 収録時間
    本編65分 メイキング15分
  • リリース日
    2020/01/24
  • 販売形態
    【月額見放題】先行メイキング映像   HD版対応  
  • 【DVDトースター販売終了のお知らせ】

    長年ご利用頂いております「DVDトースター」サービスの販売を、2020年6月21日をもちまして終了とさせて頂きます。現在販売しておりますタイトル以降の新作の追加タイトルはございません。ご利用のお客様には誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜り、今後とも弊社サービスをお引き立ていただきますようお願い申し上げます。

  • 購入する
    3380円/3380PT
  • ■ご購入の前に以下の項目をご確認ください。
  • ※ご利用のブラウザはInternet Explorerですか?
      Microsoft Edge ・Google Chrome・FireFoxではご利用できません。
  • ■再書き込み有効期間は決済日から7日間となります。
      有効期間後の再書き込みは出来ませんので御注意下さい。
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ001
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ002
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ003
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ004
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ005
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ006
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ007
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ008
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ009
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ010
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ011
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ012
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ013
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ014
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ015
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ016
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ017
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ018
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ019
  • 撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ020
閉じる
  • ミストレス・ロゼンダを倒したブルーマーメイド。だがアースファイターに平穏の時は訪れず、アンペラー帝国は新たな女幹部を差し向けた。その名はプリンセス・コルビナ。ロゼンダを敬愛していたコルビナは、真弓への復讐を誓い様々な方法で苦しめる。まず真弓の親友の霧子を怪人マーメイドハンターに改造しブルーマーメイドと戦わせる。事実を知った真弓は戦えずに一方的に痛めつけられる。霧子を失ったことでコルビナを憎み冷静さを欠いた真弓を、ブルーマーメイドに変身できない空間におびき寄せ、怪力象怪人ギリメガランと戦わせる。ドラゴンとグリフォンを毒で冬眠状態にさせたコルビナは、ブルーマーメイドと一対一の勝負を要求するが……助けも来ない満身創痍の状態で、ブルーマーメイドはコルビナを倒すことができるのか!?
閉じる
  • 嶋村瞳さん主演のアクションもピンチもパワーアップしたアースファイター第二弾です!前作よりも敵がパワーアップして、物語の最初から最後までピンチピンチピンチの連続です。敵も毒を使うサソリの女幹部、様々な海の生物の能力を持つ女怪人、怪力の象怪人と個性的でバラエティに富んだ敵が登場し、主人公の真弓も変身前、完全変身、マスク割れ、マスクオフ、強化スーツ破損状態でのマスクオフと、いろいろな姿で戦いピンチになります。台本を見た嶋村さんも前回よりもやられっぱなしと驚いてました。そしてこれまでの何作か悪役を演じてくれた藤田絢子さん。今まで演じた敵はどこか少年ぽかったですが、今回は妖艶な女幹部を演じてくれました。そこも注目してみてください。
ユーザーレビュー:撃獣戦隊アースファイター ブルーマーメイドVS新女幹部プリンセス・コルビナ
平均評価: (5点満点中 3.20 / レビュー数:5件)

並び替え:

  百瀬さんの起用法について

クノーイ さんのレビュー  2020-05-27 17:49:50
悪女贔屓なのでその視点からのレビューとなります。

先ずヒロインの嶋村さん。とても清楚でイイと思います。芝居も上手いと思いました。
こんなヒロインであるほど、悪側が引き立ちます。是非今後ともご活躍を期待しています。

そしてメインのコルビナこと藤田さん。悪役の回数を重ねるごとにどんどん良くなってるのがわかります。どんどん魅力を増していってます。ヤラレが2回楽しめた演出も良かったです。
容姿端麗さに恵まれた方が悪の道を究めていかれる事、期待しています。
あとは他のレビューの方が仰る通りです。

そしてタイトルの件ですが、非常に勿体ないとしか言いようが無いです。
怪人化して顔が見えなくなるなんて…大好きなアクション女優さんなのに(涙
個人的に洗脳に興味が無いので、それなら先ずネイティブな悪党という設定でも良かったと思います。
途中で女戦闘員となって闘ってるのも百瀬さんですよね?あのシーンこそが真骨頂というか…もったいぶっているのか、もっと百瀬さんを見たいw
具体的には百瀬さんのキレッキレの女戦闘員ヤラレアクションが観たいんです…個人的ですいません…百瀬さんに届けこの想い(汗)

以上です。。。

0人中、0人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。

  うぅん

雪村 さんのレビュー  2020-05-23 14:00:40
せっかくの嶋村瞳さん。ミニスカでアクションさせたらそれだけで神作品確定なのに。

0人中、0人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。

  期待しすぎました

Yama さんのレビュー  2020-01-24 04:48:40
今まで購入して概ね満足値の高いシリーズなので期待値を上げすぎました。
ピンチの内容が半年前の作品と似ていて新しい試みが殆どない。

同一作品同一キャストでやるなら前作のハードルを大きく超えてもらいたい。


1人中、0人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。

  大満足の作品でした

アンドリュー さんのレビュー  2020-01-12 11:59:30
久しぶりに購入した作品になってしまいましたが、とても良かったです。

スーツ破壊もどんどん良くなっていますし、ピンチの質・量ともにこれまでのアースファイター作品中で最高だったと思います。
拘束して責めのシーンは単調になりがちですが、破壊されたスーツの質感がわかるアップが多かったのも良かったです。次回はさらなるスーツ破壊として、アウターをさらにボロボロにされてはぎ取られたり、グローブやブーツを脱がされた格好を期待したいです。

嶋村さんのアースファイターは大川さんのレオーナと並ぶ看板商品と思うので、計画しての定期的なリリースをお願いします。
是非、復活して復讐の鬼となったロゼンダ様にアースブルーがめちゃくちゃにされる作品をお願いしたいです。

また、嶋村さんのアースファイターでは難しいかと思いますが、ZEXTの作品はこの作品を参考にして、よりハードな描写や敗北作品に特化して進んでいってほしいです。

1人中、1人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。

  コルビナのセクシーな演技・演出に歓喜

妹紅 さんのレビュー  2019-12-30 15:04:04
いい点をヤラレシーン(4点)と攻撃シーン(1点)に分けて書きます。
その後良くなかった点(2点)を書きます。
※以下は女幹部であるコルビナに焦点をあてたレビューです
ブルーマーメイドの評価については他の方にお任せします。

◎いい点
○ヤラレシーン
1、レオタード一枚になる
 ヤラレシーンにおいてアーマーが破壊される演出があり、ぴっちりコスチュームに包まれる胸のシルエットがよく見えました。そこに叩き込まれるヒロインの必殺技。藤田さんのスタイルの良さとコンセプトであるセクシーさ、レオタードをよく活かした良いやられ演出でした。

2、表情
 トドメの追撃が迫り、「はっ」と恐怖に慄く演技がよかったです。また、爆発するまでの「ロゼンダ様ぁ」という苦悶に満ちた表情で漏らすが、その様が非常にセクシーでした。

3、「サブタイトル:『コルビナの最後』」&「コルビナが撃破されたら解毒される設定」
 前者のサブタイ表示は女幹部のヤラレフラグを匂わせるもので、非常に興奮しました。オムニバスならではの演出ですね。
 後者に関しては、このやられ演出(敵が倒されたらその力も消失する演出)は好き(理由割愛)なので楽しめました。

4、爆発シーンのカメラワーク
 散る間際の女幹部をいつものように正面ではなく斜めから撮影することで、胸の膨らみが強調され、興奮できるヤラレシーンでした。

○攻撃シーン
1、コスチュームを活かした攻撃方法
 監督ブログでも言及しましたが、踏み付けや寝技の絡み付きなど、露出した脚を活かした攻撃方法が多々あり、セクシーな女幹部好きとしては楽しめました。

◎悪い点
 女優さんの演技や演出は良いが、カメラワークのためにいま一つになってしまっている箇所が多々ありました。主にヤラレと攻撃の二点について、それぞれ書きます。

1、ヤラレシーン(フルボッコ)
 フルボッコが始まってから撃破されるまでの一連のヤラレシーンは、作中における女幹部の魅せ場の一つだと考えます。そのため、コルビナがフルボッコにされるシーンでは、彼女がカメラから見切れていたり、蹴り技をくらうシーンも表情が見えない角度だったりと、ヤラレが見え辛くあまり楽しめませんでした。その際、藤田さんはダメージボイスも良く発声しておられて、恐らく良いヤラレ顔をしていたと思います。それを収めないような角度で撮影されていたのは非常に残念でした。

2、攻撃シーン(踏み付け&寝技)
 せっかく脚を露出しているのだから、ローアングル等々少しくらい脚を強調したカットを入れてほしかったです。また、脚全体を映すカットもほしかったです。藤田さんがカメラに向かって背中を向けているカットもありましたが、お尻は見切れていたのが惜しかったです。

なお、点数についてですが、
良かった点6つ-悪かった点2つ=星4の評価を致しました。

○最後に
 藤田さんは三回目の出演ですが、演技力の向上がヤラレシーン等から見て取れます。今後、ZENを代表する女幹部として出演し続けていただきたい方です。また、グラビアやポルノ関係のお仕事に就いておられる方でないにも関わらず、今回身体を張ってセクシーなコスや演技をして私たちを楽しませてくださり、ありがとうございます。
 そして、東村監督、藤田さんの起用やサブタイ、アーマーに関する要望に応えてくださり、ありがとうございました。我儘言ってしまい申し訳ございませんでした。ですが、ヤラレシーンでアーマーがなくなる演出は、非常に楽しめました。

以上です。


5人中、5人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。
レビューを書く
レビューを書くには、ログインをして、事前にマイページにて
ニックネームを登録する必要がございます。 

はじめての方へ
新着作品レビュー
■グラビアヒロイン ウィッチ…
こんな旧作があったとは
高評価のレビューがあったので確認したのだが大変良か…
■撃獣戦隊アースファイター …
百瀬さんの起用法について
悪女贔屓なのでその視点からのレビューとなります。 …
■ダメージングヒロイン18 …
この女優さん、このコスチュ…
レオーナも全作品高評価ではなかったし、 アク…
■グラビアヒロイン ウィッチ…
こういうのでいいんだよ
ビキニヒロインが悪女に縛られて巨乳を揉みしだかれる…
■セクシャルダイナマイトヒロ…
眼鏡スーツ姿がエロい
沖田さんが眼鏡スーツ姿で首を絞められ苦しむ姿は非常…

レビュー一覧へ