ヒロイン動画はzenピクチャーズにお任せください

logo

全作品一覧  現場スチール  女優一覧  監督一覧  キャラクター/ジャンル一覧  作品ランキング  BBS  ブログ
  • 蝶戦士ピンクフューリーS001
  • 蝶戦士ピンクフューリーS002
  • 蝶戦士ピンクフューリーS003
  • 蝶戦士ピンクフューリーS004
  • 蝶戦士ピンクフューリーS005
  • 蝶戦士ピンクフューリーS006
  • 蝶戦士ピンクフューリーS007
  • 蝶戦士ピンクフューリーS008
  • 蝶戦士ピンクフューリーS009
  • 蝶戦士ピンクフューリーS010
  • 蝶戦士ピンクフューリーS011
  • 蝶戦士ピンクフューリーS012
  • 蝶戦士ピンクフューリーS013
  • 蝶戦士ピンクフューリーS014
  • 蝶戦士ピンクフューリーS015
  • 蝶戦士ピンクフューリーS016
  • 蝶戦士ピンクフューリーS017
  • 蝶戦士ピンクフューリーS018
  • 蝶戦士ピンクフューリーS019
  • 蝶戦士ピンクフューリーS020
閉じる
  • 旅をしながら悪の超能力集団キュアーと戦い続ける孤高の女戦士飛場翔子は、竜崎町でキュアーと戦っていたレジスタンスのリオを助け、その隠れ家に招待される。だが、翔子がペンダントの母麗華の写真を見せるとリオは敵意をむき出し、麗華がキュアーの幹部スネークバラバーだと告げた。翔子はキュアーの支部に乗り込み、麗華と対面する。しかし麗華は記憶を完全に失い、スネークバラバーとして翔子に襲い掛かる。翔子はホワイトセイバー、そしてピンクフューリーに変身してスネークバラバーと戦うが、元は麗華だったスネークバラバーにとどめをさしきれずに、エネルギーを吸われて敗北し、洗脳と電気ショックの拷問にかけられる。拷問に耐え抜く翔子だったが、巨大な蛇に全身を締め上げられていたぶられる。リオによって救出された翔子だったが、今度はリオがスネークバラバーに襲われる。かけつけた翔子はリオを救い、ホワイトセイバー、そしてピンクフューリーに変身して苦戦の末にスネークバラバーを倒す。リオは翔子とともに旅をすることを決意するが、その前にキュアーのボス、キングバラバーが現れる。満身創痍の翔子だったが怒りのパワーでピンクフューリーに変身して戦う。だがキングバラバーには攻撃は通じず、必殺技も跳ね返され、ダメージからホワイトセイバーの姿になってしまう。翔子はキングバラバーを倒すことができるのか!?
閉じる
  • きりっとした表情、強い目力、バランスの良い肉体と乙月まりあさんは、女戦士を演じるのにぴったりの女優さんです。アクションの稽古も進んで参加してくれ、その成果が作品に現れています。彼女の格好いい姿をぜひ見てください。アクションだけではなく、もちろんピンチシーンも満載です。アクション中のやられ、そして拷問シーンなども注目してみてください。乙月さんにはまた出演して欲しいです。
ユーザーレビュー:蝶戦士ピンクフューリーS
平均評価: (5点満点中 3.86 / レビュー数:7件)

並び替え:

  完全敗北バッドエンドは歓迎ですが・・・

アンドリュー さんのレビュー  2014-12-11 00:43:47
まず、ハッピーエンドが主流のZENピクチャーズで相討ちなどでない正義の敗北という完全バッドエンド作品を作成していただき、ありがとうございました。
これからも、年1,2本でもいいので、こういう正義の敗北エンドな作品をリリースしてもらえればと思います。

内容はシリアスでしっかりした重厚なストーリーの作品と感じましたが、バッドエンド作品として、もう少し敗北の映像にインパクトが欲しいと思いました。
コスチューム破壊は難しいのかもしれませんが、ホワイトセイバーであれば汚れとか黒焦げとか、ピンクフューリーであればボディスーツに何か刺さるような描写とか、せっかくの死亡エンドでのヤラレをスチールで分かるほどに表現してほしいと思います。

ヒロインが敗北するバッドエンド作品を期待している人も大勢いるはずです。
たまにしか作成されないとしても、もっとバッドエンドをアピールして作品の売りにしてほしいと思います。
この作品もレビューや監督ブログ見ないとバッドエンドと分からないですよね?
現場スチールや画撮を見るだけでそれが分かるようなものであれば、それだけで十分にアピールになると思いますよ。
機会があれば、シリアスなダークヒロインでないタイプの明るい感じの作品でもヒロイン敗北エンドな作品をいつか作ってもらえればと思います。(自分はヒロインの死亡にはこだわらないです)

1人中、1人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。

  あえて苦言を!

タカハシ・マサト さんのレビュー  2014-12-10 15:58:54
電気攻撃、やけにしつこいような気がしてなりません。
電気攻撃そのものを否定するつもりはありませんが、例えば最後のボスに殺されてしまうシーン、せっかく「見やすい素顔での」首絞めピンチのシーンなのに、電気攻撃の演出が被さってしまい、正直「見にくくて」仕方ありませんでした。
電気攻撃は電気攻撃、首絞めは首絞めでのピンチシーンが見たかったのは私だけでしょうか?、


0人中、0人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。

  絶命エンドで大変良かった

ひろひろいん さんのレビュー  2014-12-01 02:59:01
ヒロイン絶命エンド作品でたいへん良かったと思います。その上で一つだけ難を言うと最後の首領との対決途中にヒロインは女子高生に「私は負けない」と宣言だけして首領と闘いに挑みましたが、ここは「私は負けないけど約束したはずよ!ここは危険だから逃げなさい!」と言って女子高生がこの場を離れるよう促すべきだったと思いました。
さらに悪の組織についてですが、核戦争で地球を汚染し続ける人類を力によって平定し新たな秩序を作ろうとしている集団というような設定だと単純な悪の組織ではないので、ヒロインの葛藤もより深く描けるのではないかと思いました。そうすると、(今回は敵の女怪人はヒロインの母でしたが)敵の女怪人をヒロインの親友だったエリート(だが超能力の素質はヒロインの方が上)というようなストーリーも良いのではないかと思います。

0人中、0人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。

  カメラのアングルが非常に良い

cc さんのレビュー  2014-11-23 00:26:54
まず、シロとピンクのスーツもデザインが最高。デザイン性で購入を決めるが今回は大正解。対して、仮面の部分は不要。顔が隠れては意味が無い。

カメラのアングルが非常に良い。後ろからの尻・下半身をこれほどしっかり撮るアングルの作品はほぼ無い。女優が良くても前からだけや上半身だけのアングルで魅力・購入価値が半減する作品もあるが、これは素晴らしい。出来れば縛る時に両足を別に締めたり局部の締め付け等も設定として欲しかったが、ももへの噛みつきがあり満足。白スーツにマスクが無く、顔と髪が終始出ている事と、ベタ靴ではなくヒールの出ているブーツもポイント。これらが無ければ買っていたか分からない程重要なポイント。

バッドエンディングで「かあさん力を貸して」等と言う所は不要に感じた。普通で良かった。

白スーツだけであればもっと良かったが、60分なので見どころも少ないのでは、と思い買うまで躊躇したが、買って良かった。このカメラのアングルとスーツのデザインを今後の作品にも継承してほしい。

0人中、0人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。

  素晴らしい

疾走児ケン さんのレビュー  2014-11-16 11:08:12
ダウンロードで購入して見ました。
満足いってます。
一つ一つのピンチシーンや拷問シーンも決して単調でもなく、
全体としてテンポが良かったのでウンザリ感がありませんでした。
素顔でのピンチシーンも多くて、それが本当に良かった。
個人的には仮面姿でのピンチシーンには全く興味がないので....。
やっぱり苦しむ表情がしっかり見えるほうがいいです。
首絞めのピンチシーンが多かったのも、個人的に評価が高いポイントです。
それにピンチシーンで何よりも大切なのは女優さんや俳優陣の演技力だと思ってますので、
それもクオリティが高かったように思います。
ラストがちょっと意外でしたけど、続編への布石??
女子高生がピンクヒューリーを引き継いで....みたいな。

0人中、0人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。

  乙月さんは格好良かったです。アクションやられも充実していて満足でした。

STV さんのレビュー  2014-11-05 22:23:31
ホワイトセイバー、ピンクフューリーの姿共にアクション、アクションやられが充実してます。

主演の乙月さんは監督さんのコメントにもあるように、キリッとした表情や凛々しい立ち振る舞いがとても魅力的で格好良かったです。稽古に進んで参加して下さっただけあって、アクションシーン、アクション中のピンチも豊富です。
やられ声等の演技では正直もう一つという所もあったのですが、また何かの作品で出演して欲しいと思いました。

ピンクフューリーの姿はアクション女優の萩原さんがスーツアクターを務め、流石のアクションとピンチシーンを披露してくれます。こちらも見所だと思います。

お話も変にコミカルな要素を入れて中途半端になったりせず、ちゃんと全編シリアスな雰囲気で通していたのも良かったです。結末には少し驚きました。

この作品がシリーズ2作目になりますが、また今作の様にシリアス調な雰囲気の続編を見てみたいと思いました。

0人中、0人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。

  まあまあじゃないかな、禅の今後に期待が持てる内容でした。

haba さんのレビュー  2014-11-02 06:52:53
過去に比べるとなかなか出来ていると思います。
またかよ、もう見たよこれという、早送りするシーンもわずかでしたし。
女仮面ライダー系で、東映の真似をせずにここまで踏み込んだ作品を描いたのは今までほぼ無かったと思います。
賛否両論出ると思いますが、新しい取り組みをしたと思います。
続編を制作するべきだと思います。


0人中、0人が参考になったと投票しています。
このレビューは参考になりましたか?  回答するにはログインが必要です。
レビューを書く
レビューを書くには、ログインをして、事前にマイページにて
ニックネームを登録する必要がございます。 

はじめての方へ

新着作品レビュー
■ヒロインピンチオムニバス0…
何度見ても素晴らしい。
生足、多彩な蹴りなどすばらしすぎます。 しかも蹴…
■ヒロインピンチオムニバス1…
美しき必殺拳
松田美衣也と奥原さやかと二人の美しき必殺拳。 紺…
■セクシャルダイナマイトヒロ…
残念
これだけの逸材集めながらミニスカアクションがないと…
■セクシャルダイナマイトヒロ…
女子高生の股間蹴り
綺麗に決まっています。 主演女優のコス残念で…
■バーニングアクション スー…
女優さんの美貌とアクション…
やはり戦闘員を蹴り上げまくってほしい。 ただ、こ…

レビュー一覧へ